【Vol.6】ミニマリストバックパッカーの厳選持ち物紹介〜カメラ関連編

こんにちは、ミニマリストバックパッカーの北川勇介(@yusukeworld)です。

 

前回は、HDDをはじめとしたメディア関連に関するアイテムの持ち運びについて紹介しました。

【Vol.5】ミニマリストバックパッカーの厳選持ち物紹介〜データ管理編

2017.12.24

 

今回は、一眼レフ用のカメラバッグと、カメラのメンテナンスグッズに関しての持ち運びについて紹介します。

なお、カメラのメンテナンスグッズは基本百均で揃えることができるよ!って記事も書いていますので、ご参考になればと思います。

関連記事:【初心者おすすめ】一眼レフのお手入れグッズなら百均で揃えることができる

 

カメラバッグはHAKUBAのドライクッション L

カメラバッグの中身とメンテナンスグッズ

防水機能を備えたHAKUBAのドライクッションというシリーズのカメラバッグの中に、カメラ用のメンテナンスグッズも入れています。

ちょっとした汚れは、早めの対策しないとあらゆるカメラ機材のトラブルにも繋がるので、こまめにメンテナンスをするように心がけています。

関連記事:ズボラなぼくが新たに選んだカメラバッグ

 

マイクロファイバータオル2枚

細かな汚れまで取ることができて、拭き跡が残らないマイクロファイバータオルはレンズ用とカメラ本体の液晶用と2枚持っています。

 

クリーニングブラシ

表面の埃をはらうことができる柔らかいブラシは、女性の化粧アイテムの一つ。

こちらは百均で、購入しました。

 

ブロワー

エアーを吹きかえるブロワーもメンテナンスには必須アイテムです。

直接手で触れない部分の埃もバッチリ落としてくれます。

これも百均で変えます。

 

Nikon リモートコード

以前、誕生日プレゼントで幼馴染からいただいたリモートコード。

ブツ撮りなどの時に手振れを抑えて撮影することができます。

関連記事:【amazonのほしいものリスト】地元の幼馴染よりNikonのリモートコードMC-DC2が届きました。

乾燥剤

これらをまとめて袋に入れ、カメラバッグ本体とメンテンスグッズ用の袋それぞれに乾燥剤を入れています。

こういった電子機器類は湿気に弱いので、ちょっとした工夫でトラブルを未然に防ぎたいですね。

いざ、ってなってからだと修理費も意外とバカにならないので。

まとめ

一時期かなりブームになりつつあった一眼レフですが、持ち歩きの不便さもあってか最近は少しずつコンデジやミラーレスに移行している人も多いですね。

 

ぼくは変わらず一眼レフを持ち歩いていますが、最近は単焦点レンズに絞って、日常の見たまんまの景色を切り抜く、という撮影方法にハマっています。

 

仕事にしろ私用にしろ、大切な思い出や瞬間を撮影するためのカメラは決して安いものでもないので、その取り扱いには気を使いますが、この辺りの管理をもっと楽にするためにもメンテナンスグッズのチョイスは間違えたくないですね。

 

今回はそんな感じで。

 

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    1986年静岡県生まれ 日本体育大学卒業後、静岡県の公立高校に四年間勤務。 退職後に訪れたカンボジアで縁があった小さな農村部に小学校を建設し、その後正式に独立。 現在はリュック二個のモバイルライフ。カンボジアを拠点にゆっくり旅の途中。