最小限の荷物で外出するMB(ミニマリストバックパッカー)ライフスタイル5選

外出の際には多くの人が、何らかのカバンを持つと思う。

行動パターンによっては、もちろんぼくもカバンを使用する。

 

ただ、前回の記事でも書いたように、持ち歩く荷物が増えればそれだけ身体は疲れやすく管理にも気を使う。

時に、外出することそのものが億劫になり行動力が低下する。

行動することで、課題解決のためのアイディアは増幅するというのがぼくの持論なので、行動力が落ちると必然的に負のスパイラルに陥ってしまう。

それはどうしても避けたい。

 

ぼくの行動、そして移動時の手荷物は以下のパターンに分かれるようになってきた。

 

1日の始まりに外出準備をする際、ぼくはその日の予定によってカバンの種類と中に詰め込むものを厳選する。

ちなみに、フリーランスの命綱でもある自己管理のために用いているスケジュール帳の使い方は、また別の機会で公開をする。

 

無駄を省いて最低限の荷物で外出する行動パターン

  1. 手ぶら
  2. セカンドバック
  3. 3wayバッグ
  4. デイパック
  5. バックパック

 

これらの5つのパターンで原則ぼくは外出をする。

 

1 手ぶら

究極のミニマムスタイルはもちろん手ぶら。

ズボンのポケットに入る分だけの荷物で出かける。

 

ちなみにぼくが普段履いているデニムは、ササフラスというブランドの「フォールリーフポケット」と呼ばれるもので、ポケットの数も多く、使い勝手がいい。

前号で紹介をした財布、スマホ、メモ帳程度で外出をする。

 

2 セカンドバッグ

教師をしていた頃にプレゼントでいただいたセカンドバッグは、スポーツメーカーの「MIZUNO」がグローブの皮を利用して作ったもので、知り合いのスポーツ屋さんからプレゼントでいただいたもの。

どこか、高級ブランド風な空気も持ち合わせているので、普段使いだけでなくフォーマルなシーンにも突入していける。

 

3 GREGORYの3Wayビジネスバッグ

仕事道具のMacBookがすっぽり入るビジネスバッグは、名前の通り3通りの使用方法がある。

最近のデイリー使いとしてもっぱら活躍をしてくれている。

一週間くらいまでの旅なら、これでいける。

 

4 GREGORY DAY&HALFのデイパック

何度も紹介している僕の頼れるデイパック。

容量が33Lに加えて、3Lのシングルポケットも外部に取り付けている。

一ヶ月程度の海外はこれ一つでいける。

 

5 GREGORY バックパック BALTORO75

ちょうだい容量のバックパックは、海外で仕入れを行ったり、ある程度長期間を見越して生活用品を持ってきたい時に発動する。

別名、我が家。

 

お気づきかもしれないが、3〜5のカバンは全てアウトドアブランドの「GREGORY」を利用している。

収納力や使い勝手の機能面、耐久性などはもちろん、背負いやすさがGREGORYを信用する一番の理由、今年でGREGORY愛用歴は15年目を迎える。(2018年現在)

 

必要なものを好きなもので

ぼくはこのような管理方法を用いて外出時の荷物を最小限にする工夫をしているが、もちろん最初からここまで徹底した管理をしていたわけではない。

行動しながら、取捨選択をして今のスタイルがある。

もちろん、パッキングにも完成形はなく、これからも中身が入れ替わっていくことは間違いない。

 

荷物の管理は、行動力だけでなく時に信用問題にも繋がる。

例えば、大切な取引や打ち合わせの際に必要だったものを、何か一つでも自宅やホテルに置いてきてしまった時は致命的だ。

 

だからと言って、いつどこで何があってもいいように何でも持ち歩くというのも、移動生活としては本質的ではない。

そういった意味でも、今カバンの中に入っているものを持ち歩く理由は、自分の行動ん裏付けられている必要がある。

 

逆を言えば、どこに何があるかを把握していれば、物をなくすことも少なくなるし、物を探すという時間の浪費もなくなるのだ。

 

次回からは各行動パターンを紹介しながら、ミニマリストバックパッカーとしての「行動の詳細を後悔していく。

ここまでお読みいただいたのなら、一度カバンをひっくり返してみよう。

きっと日頃持ち歩いているものの無駄に気づくことが出てくるはずだから。

 

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年静岡県生まれ 日本体育大学卒業後、静岡県の公立高校に四年間勤務。 退職後に訪れたカンボジアで縁があった小さな農村部に小学校を建設し、その後正式に独立。 現在はリュック二個のモバイルライフ。カンボジアを拠点にゆっくり旅の途中。