カンボジア小学校建設建設物語(14)〜佐久間井戸の完成編〜

2015年6月に行った静岡県立佐久間高等学校での講演会の際に、生徒会が中心となって集めてくれた井戸堀のための資金。

これを預かって、僕は7月21日から8月7日までカンボジアにいた。

 

IMG_4286

トランジット先のベトナムではスケボーが取り上げられそうになり、デイパックに隠して持ち込んだ。(隠れてない)

 

IMG_4285

シェムリアップ空港の到着ロビーが綺麗になっていた。

IMG_4300

 

カンボジアあるあるのバイクトラブルに付き合ってくれるアキ兄さん。

本当優しい。

 

IMG_4318

OHANAというカフェを営むじゅんちゃんとのコラボ企画。

IMG_4320

僕のキャンドルとじゅんちゃんの特性ハンバーグプレートでキャンドルナイト。

LIVE15

 

もちろんキャンドルの販売も。

 

そのキャンドルナイトを手伝ってくれたみきちゃんが、ロンデン村を見てみたいということで、日帰りロンデン村。

IMG_4361

みきちゃんは小学校建設も手伝いに来てくれることに。

みきちゃんあざーす!!

 

IMG_4379

途中からは日本人の仲間たちが来てくれた。

僕の隣から、カンボジア人の相棒りゅうちゃん。

2月にカンボジアで逢ってまた来てくれたくるみ。

大学野球の先輩、古谷さん。

健の嫁さんのあけちゃん。

あけちゃんの旦那で、僕の高校野球の仲間の健。

古谷さんの教え子アキくん。

 

IMG_4443

みんなロンデン村まで来てくれて、ホームステイしながら、佐久間井戸を一緒に掘ってくれた。

たくさんの人の思いが詰まった井戸が無事完成。

人の想いが繋がり、海を越えて、今までなかったものが生まれる。

そんな奇跡を共有できたこと、とても幸せに思う。

 

僕らがやっていることって、世界で見たら本当にちっぽけで。

井戸掘りも

道づくりも

学校建設も

広い世界の中の、たった一箇所で起こっている一片の物語。

でもその物語にどれだけ多くの人が関わってくれているのかを考えると、価値として測りようもないほど、温かくて大きな人の想いが集まって、小さな村に、ちょびっとだけ笑顔を届けたという事実がある。

 

世の中には知らなかった方がよかったことも、出逢わなければよかった人も、もしかしたらいるのかもしれない。

僕らが声をあげたって、世界は大して動かないけれど、でも知ってしまった世界のリアルを置き去りにせず、たまたま出逢ってしまった人たちと、ほんのちょびっとでも笑顔を増やすことができるなら、無駄なことも、無駄な出逢いも、やらなくていいことも、きっとないのだと思う。

 

だからこそ僕はこれからも、できることを、できる範囲で、今ここに全力で、やり続けていく。

佐久間のみんなが想いをつないでくれたから、頑張る理由がまた一つ増えました。

ありがとう。

 

カンボジアの井戸掘りに協力してくれた佐久間高校で完成報告会

 

順調に井戸が完成したので、早めにシェムリアップ市内に戻ると。

IMG_4430

スケジュールの都合で先に帰っていた健とあけちゃんと再会!

二人はこの日のフライトで帰国。

ありがとう。

 

その日の晩は古谷さん、くるみ、宿にいた川瀬さんと打ち上げ。

くるみが食べたがっていたレッドピアノのカルボナーラ。

まさかのおかわり。笑

 

二次会はANJIで日本酒パーティー。

IMG_4438

 

酒盛り。

IMG_4435

くるみも挑戦。

IMG_4434

古谷さん大喜び。

 

IMG_4446

翌日は古谷さんとアンコールワット見に行った。

アンコールワットは広すぎて、前来た時にいろいろ見たつもりでいたけど、今回も違う発見がいろいろあって楽しかった。

何度も行く価値大いにあり。

 

 

IMG_4448

翌日は古谷さんとくるみとクバール・スピアンへ。

IMG_4449

 

なかなかのハイキングコース。

片道1500mの山登り。

 

IMG_4451

 

頂上には水の彫刻が!ってことだったけど、この日は水が少なくて残念。(雨季なのに)

 

そんなこんなで、イベントも井戸掘りも打ち合わせも、そして観光まで満喫してしまった今回の滞在。

最終日は宿のオーナー金子さんと、今回帯同してくれたくるみがキャンドルを買ってくれた。

IMG_4460

 

IMG_4553

 

そんな二人に見送られながら、空港へ。

「あー帰りたくない。」って毎回思う。

IMG_4455

 

無事空港到着。(汗ヤバ)

 

僕が毎回お世話になっているThe City Premium Guest House、通称シティーゲストハウスは空港からトゥクトゥクで15分。スケボーで45分とアクセスも良く、快適な日本人経営のお宿。旅の初心者から、僕みたいなリピーターまで、幅広く楽しめます。

日本人オーナー2人がどちらか滞在しているので安心。たまに2人いる時もあります。ここに巡り会う人はレア!

どちらのオーナーと会うかで、スイーツを楽しむか、アルコールを楽しむか、カラーが変わる宿。

オススメです。

 

僕は次回もここにいます。(もうすでに予約済み)

11月からの小学校建設で現地でたくさんの方とお逢いできるの楽しみにしています!詳細は下記参考!みんな遊びに来てね〜!

 

小学校建設詳細:カンボジア・ロンデン村小学校建設

持ち物はこちらを参照:旅のアイテム

 

カンボジアまでの航空券を今すぐチェック!
航空券徹底比較『スカイスキャナー』

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です