シェムリアップからプノンペンへバスで移動する時のおすすめと注意【ゆっくり世界一周8日目】

カンボジア国内をバスで移動しようとする人も多いと思いますが、シェムリアップからプノンペンへ行く場合は深夜バスがおすすめです。

プノンペンはシェムリアップよりも治安が悪いと言われているので、到着は夜になるより朝の方が安心だからです。

 

冒頭のTwitterでは、「ビラクブンタン」というバス会社を推していますが、正直他と比較したことありません。

ただ、ぼくらは今の所、シェムリアップからプノンペンへの移動は3回ともこのバス会社の12時発を利用しています。

 

ビラクブンタンのバス予約方法

宿泊しているゲストハウスに頼むか直接バス会社へ行くかが主な購入方法です。

ぼくらは前日に直接バス会社へ行きました。

ちなみに、バス会社の前がバス乗り場なので、いざ乗るときもわかりやすいです。

シェムリアップの観光地「オールドマーケット」から歩いてすぐです。

深夜バスは一人$10で、出発時間の30分前には乗り場へ来るように言われます。

 

ビラクブンタンの深夜バスはこんな感じ

先ほども書きましたが、乗車時間の30分前までにバス乗り場(バス会社)へ行きます。

白とオレンジの二色のバスが目印です。

ちょうどロータリーの真ん前くらい。(さっきの地図ちょっとズレているかも)

 

ベッドシートはこんな感じです。

ぼくらは二人なのでちょうどいいですが、これ知らない人と朝までここで二人はキツそうです。

一人旅の方は、思い切って2シート予約するかゲストハウスなどで同じタイミングで移動する人探した方がいいと思います。

 

足元には「荷物は自分で責任もって管理してよ〜」という案内書きとコンセントが二口あります。

 

Wi-Fiのユーザーネームとパスワードが頭上に貼ってあります。(まぁつながらないけど)

 

深夜バスの注意点

このバス、個人的には非常に満足度が高いのですが注意も必要です。

注意点は主に3つ。

  • トイレがない
  • 車内の空調
  • 貴重品管理

 

トイレがない

シェムリアップ→プノンペンのバス移動は5時間半から6時間くらいですが、車内にトイレの設備はありません。

途中、どこかに止まっていたような記憶がありますが寝ぼけていたのでちょっと記憶が定かではありません。

事前にトイレは済ませておきましょう。(バス乗り場にあります)

 

車内の空調

寒すぎる訳ではありませんが、東南アジアあるあるのいわゆる「レストランやバスの中のエアコンが強い件」ってやつです。

シートごとに送風口があるので調節は可能ですが、乗った瞬間若干ひやっとするので薄手の上着を持っておいた方がいいです。

シートには一人一枚ブランケットも置いてあります。

 

貴重品管理

まぁこれはビラクブンタンに限ったことではないのですが、貴重品管理は十分注意しましょう。

車内に持ち込んだリュック等はくくりつけるか、足を巻きつけて寝るかしましょう。

もちろんファスナー部分には簡易的でもロックが必要です。

枕元にスマホ置いて寝るとか絶対なしです。

(朝弱い人も着いたら起こしてくれるので目覚ましの心配はありません)

 

まとめ

ということで、シェムリアップからプノンペンへバス移動する際の「ビラクブンタン」というバス会社の乗車レビューでした。

3回の移動全てこれ利用しているので、ぼくらの満足度は非常に高いです。

スタッフの人たちも対応が親切な人が多いので、基本的なことだけ注意していれば問題ないです。

 

ちなみに降車場は朝早くから人がごった返していて、エサを待ち構えているハイエナばりにトゥクトゥクドライバーたちがバスの出口を覗き込んできます。

圧倒されないように注意しましょう。

降車したら目の前にカフェとコンビニが併設した場所があるので、一旦トイレ休憩してコーヒー飲みながら落ち着くといいですよ。

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年静岡県生まれ 日本体育大学卒業後、静岡県の公立高校に四年間勤務。 退職後に訪れたカンボジアで縁があった小さな農村部に小学校を建設し、その後正式に独立。 現在はリュック二個のモバイルライフ。カンボジアを拠点にゆっくり旅の途中。