めんどくさがり屋ほど使い切る暮らしとシンプルライフを実践した方がいい理由

以前このような記事を書きました。

【結論】シンプルできれいな部屋を維持したければ日用品・消耗品を使い切るべし

2018.06.07

 

この記事の中で、日用品や消耗品をため込まず使い切ることのすすめと、その方法を書いているのですが、こういった配信をしていると、ぼくらは超マメで、几帳面で、きれい好きだと思われがちです。

が!

ちがいます。

ぼくらの共通点は「根本的にめんどくさがり屋」だということ。

 

めんどくさがり屋なので、なるべく余分な労力をかけずに部屋をスッキリさせておきたくていろんな工夫をしました。

今回は、めんどくさがり屋ほど使い切る暮らしを実践した方がいい理由を書いています。

使い切る暮らしをすると
・嫌でも部屋が片付く、しかも楽に

・何がどこにあるのかわかる(探し物・なくし物がなくなる)

・無駄な支出がなくなる

このようなメリットがあります。

 

嫌でも部屋が片付く、しかも楽に

部屋がきれいな人って「掃除が好き」「きれい好き」という要素もあるかもしれませんが、単に効率がいいだけだと思うんですね。

片付けられる人と片付けられない人の差は、片付けに手間が多いか少ないかということです。

例えば、衣類を洗う、干す、収納する場所が遠ければ遠いほど、一度着た服を片付ける手間が増えます。

片付け上手な人は、この一連のルートがスムーズで「やりやすい仕組み」になっているから手間も少なく労力も少ないので、基本的にため込みません。

片付けられない人は、こういった動作と動作の間に無駄が多いということが見受けられます。

この辺の考え方は「OUR HOME」という本で、著者のemiさんが述べていることが参考になるかと。

何がどこにあるのかすぐわかる

この一連の動作をよりスムーズに行おうと思うと、それに関する物がなるべく近くに集まってきます。

食事に関するものはキッチンやダイニング周りに、トイレ・バスルーム関係、ベッドルーム、など「その物」を「いつ」「どこで」使うのかがわかれば、その近くに置いておくだけで、必要な時にすぐ見つかるしすぐ手の届く範囲にあることになります。

めんどくさがり屋にはぴったりです。

ちなみに「そんな全部細かく置いておく場所決められないよ」という場合は、必要のないものです。

居場所のないもの、所有する理由のないものは部屋の中に置いておく必要がないので、ゴミの日に思い切って捨てたり宅配買取で引き取ってもらうようにしましょう。

居場所があるものがきちんと置かれていれば、探し物もなくし物もなくなります。

【旅の支度】自宅の不用品はお手軽な宅配買取を利用して旅資金調達

2017.10.11

 

無駄な支出がなくなる

必要なものを普段使う場所にまとめ、これまで所有していたもので使い切る暮らしを実践してみると自分にとって必要なものと必要でないものが少しずつわかってきます。

必要だと思っていただけで大して活用していなかったもの、所有していることすら忘れていたけど実はすごく好みだったもの。

使い切るまでは、今あるもので暮らし、なくなれば必要なものを必要な分だけ買う。

その買うものは全て自分にとって必要なものなので、無駄な支出を抑えることができます。

そして圧倒的に部屋の中のものが減るので管理が楽、手入れが楽、掃除が楽、買い物が楽といった具合に、めんどくさがり屋には嬉しすぎる「楽な生活」が待っているのです。

 

まとめ

この記事を書いている2018年6月は一緒に暮らすようになって3ヶ月半くらい。

この期間、ぼくらが買い足したものって「せっけん」くらいです。

30代の男女が、それぞれ一緒に生活を始めればそれなりに物もあるし、お互いの持っている何かで埋めていくことができます。

特にこれからふたり暮らしを始める方々には「買わない」「今あるもの」で暮らすという選択肢を持ってほしいです。

本当に必要になれば、いつでも買い足せます。

ですが、不要になったものを手放すって時間や労力のいることなので。

引越と不用品買取なら[トレファク引越]で無料見積もりしてみることをおすすめします。

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



ABOUTこの記事をかいた人

1986年静岡県生まれ 日本体育大学卒業後、静岡県の公立高校に四年間勤務。 退職後に訪れたカンボジアで縁があった小さな農村部に小学校を建設し、その後正式に独立。 現在はリュック二個のモバイルライフ。カンボジアを拠点にゆっくり旅の途中。