ふたり暮らしのアパートの間取りはワンルーム、新築で家賃は1万円ちょい

『これからふたり暮らしを始めるけど間取りや家賃はどのくらいにしよう?』

『実際にふたり暮らしってどのくらいお金かかるんだろう?』

このような悩みや疑問を抱えている方向けに記事を書いています。

 

この記事の内容
・ワンルームふたり暮らしの実態

・広い家に住むメリットとデメリット

・こんな時はどうしている?ふたり暮らしの楽しみ方

 

ワンルームふたり暮らしの実態

タイトルにもありますが、ぼくらが住んでいる家は「新築」「ワンルーム」「家賃1万円ちょい($100)」です。

特に日本では立地条件や家賃の予算によっては、同じようにワンルームでふたり暮らしという選択をする方もいるのかな?と。

 

ぼくらがワンルームで暮らす理由は節約でもなんでもなくて、広い家は必要ないからです。

例えば、「もう一部屋あったとしたら何を置くか?」として、浮かばないんです。もう一つの部屋の利用方法が。

 

広い家に住むメリットとデメリット

「広い家に住みたい〜」と感じる人もいると思いますが、広い家のメリットってなんでしょうか?

正直あまり浮かばないので、無理やり考えてみました。

  • 大きいものが置ける
  • 人が呼べる

すいません、想像力不足ですかね?

 

一方デメリットは

  • コストがかかる
  • 管理が大変
  • 汚れがたまりやすい
  • 物が増えやすい

 

広い家は家賃が高くなりますよね?

ちなみに、広い家という曖昧な言い方していますが「必要以上に広い家」であって、何部屋あったら、何畳あったら、何平米あったらは人それぞれという前提のもとです。

 

必要以上に広いと、管理しなくてはいけない部分も増えます。

広ければ広いだけ掃除する範囲も広がります。

スペースがあれば「あれも置こう」って必要ないものまで起きたくなります。

 

どのくらいの部屋に住むか?と間取りを考える前に、自分たちの生活に必要なものを確保するためにはどのくらいのスペースが必要か?を考えたら、自分たちにとっての必要な広さを考えやすくなります。

ぼくらは、自分たちがものを持たない、使い切る暮らしをしているからと言って「ものを持つのは良くない」「広い家はダメ」だなんていう気はありません。

あなたが「必要だ」と思えるものは持つべきだし、ぼくらにとって必要なものとあなたの必要なものは少なからず一致しません。

それは誰と比べても同じことなので、自分たちにとって必要なのものだけを持てば何部屋の部屋であろうと無駄はありません。

 

グランドピアノが必要な人にはピアノの部屋が必要だし、サーフィンをやる人にはサーフボードを置いておく空間が必要だし、大家族であればみんなで並んで食事が楽しめる大きなダイニングテーブルが必要です。

ただ、ピアノみたいな大きなものを持たない、道具が必要な趣味がない、ふたり暮らしのぼくらにはワンルームがちょうどよかっただけです。

なので、同じように自分たちの必要なものに大きなものがない人たちはワンルームや1LDKで生活してみることをおすすめします。

 

こんな時はどうする?ふたり暮らしの楽しみ方

1.収納スペースが足りなくなりそう

収納は最初から部屋にあったクローゼットスペースの中に入りきる分と決めています。

それ以外に収納用品を買い足しても、収納スペースでスペースが失われるという矛盾に陥るので。

 

2.ソファとかラグを置いてくつろぎたい

家にいる時間が長いのであれば、こだわりの家具を置いてくつろげるのは最高に至福の時間だと思います。

ぼくらの場合は、朝出てから夜22時頃まで帰ってこないことがほとんどなので、自宅でくつろぐ家具は必要ないのですが、それでもやっぱり便利な家具や加減を起きたい!という方は、「かして!どっとこむ」とかを利用してレンタル家具からスタートしてみてはいかがでしょう?

レンタルして必要であれば買えばいいし、レンタル家具なら不要だった時に返すだけなので不用品を処分する手間もないです。

3.映画が観たい時

テレビやDVDデッキのない我が家では、huluU-NEXTなら定額で動画見放題なので、パソコンでも観れます。

最初の1ヶ月は無料トライアルがあるので、ふたりでそれぞれ1ヶ月ずつ無料トライアルすれば最高2ヶ月はタダ!ww

BOSEのポータブルワイヤレススピーカーなら、音質も良く動画が楽しめます。

コンパクトなので持ち運びも便利です。

 

まとめ

ワンルームでふたり暮らししている情報をもとに、これからふたり暮らしを始める方へ向けた間取りの選び方などをまとめました。

ふたり暮らしに関する情報はこちらもどうぞ。

洗濯機や冷蔵庫など家具家電を持たないアラサーたちのふたり暮らし日常と海外生活の様子

2018.06.04

【海外生活】ふたり暮らしの生活費の内訳は?

2018.05.03

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年静岡県生まれ 日本体育大学卒業後、静岡県の公立高校に四年間勤務。 退職後に訪れたカンボジアで縁があった小さな農村部に小学校を建設し、その後正式に独立。 現在はリュック二個のモバイルライフ。カンボジアを拠点にゆっくり旅の途中。