隠すもののないぼくらに怖いものはなくなった

たまに聞かれるぼくらの関係性についてまとめておこうと思います。

ぼくらのことを知っている方々からは

「えー?2人付き合ってたの?」

と聞かれる。

めんどくさくなることを承知で、ぼくらは「付き合っていない」と答える。

ただ、一緒に住んでいる。

それは隠すことでもない、紛れも無い事実だから。

でもぼくらは「付き合おう」とか「結婚しよう」っていう世間一般の口約束を交わしていない。

だけど、きっとこれからも、この先も一緒にこの人生を共に生きていく。

そんなパートナーであると思っている。

 

それ付き合ってるんじゃないの?

先ほども書いたように、ぼくらは口約束を交わしていない。

だから、一緒にいることへの縛りもないしルールもない。

「付き合おう」って告白もしていないし、されてもいないから記念日もない。

だから、いつ、どこで、何をしようが別にとやかく言われることでもない。

そんなつまらないこと言いたくないし、言われたくもない。

だからと言って、例えばぼくは他の女の人と寝るかっていうとそんなことないし、相方が違う男と寝たら腹も立つ。

その辺はやっぱり相手への感情があるから譲れない部分。

だから、自分がされて嫌なことはしたくないし、相方にとってもそうしたくならないような男でありたいと思って行動している。

 

やりたいことへ夢中になれる二人の時間が好き

今こうして記事を書いている横で、相方は今日洗ったばかりのシーツを敷いてくれているし、洗濯もしてくれている。

ぼくの「ブログ執筆」を自分にはできない仕事として、理解してくれているからなのだと思う。

「私ばっかりやってる」「俺ばっかりやってる」

そんなセリフは、ぼくらの中には存在しない。

全てが、お互いのやりたいことのために向かってやっていることだし、それが時間的であったり技術的な部分でかける対象がその時々で変わるだけ。

だから二人で同じことはやらないけど、同じことに向かって今一緒に生きている。

そして、この時間がぼくはたまらなく好き。

自分の仕事が、自分だけでなく相手にも影響するってことを強く感じているから。

 

うまくいかない時こそどうしようかって言える今

BASECAMP SIEMREAPというプロジェクトを始めてから、本当に毎日朝から晩まで一緒にいる。

生活も仕事も移動も飲み会も買い物もずっと一緒。それって幸せなの?窮屈なの?

2018.04.29

 

そんなぼくらの1日の様子は、また別で公開しようと思うけど、仕事でうまくいかないことがあっても「どうしようか?」って笑いながら話せるってこれ以上ない幸せなのかもしれないとも思う。

そして、やりたいことを実現させるためならどんなことにも貪欲に向き合えるし、うまくいかないことがあるから何かを我慢するのではなく、日常の中に楽しみを生み出すことへも全力でいられる。

ほしいものを我慢したり、生活水準を下げてケチケチ生活することもないけど、かけなくていいコストは徹底的にかけなくていいと思っている。

それを無理なく二人でやれている今が、本当に毎日楽しいし幸せなのだ。

 

社交辞令が言えない二人ですがどうぞよろしく

思ってもないことは言えないし、社交辞令が大嫌いなぼくらには、こうして公私共々全てをさらけ出していく生活があっているのだと思うようにもなった。

ぼくらのことは何も隠すつもりないし、密かに過ごしてきたわけではなくただ聞かれなかっただけ。

聞かれた人には全て正直に答えてきた。

本音で生きるってわかっているようでなかなかできない人が多いのかもしれない。

どこかでありもしない正解を探したり、それっぽい答えをも見つけようとしたり。

そうやってみんなどこかで「いい子ちゃん」を演じている人がほとんどなのかも。

だから、ぼくらはありのままの全てをさらけ出していこうと決めた。

誰もができるSNSやブログなどの情報発信ツールで、誰にもできないくらいの全てを公開していく。

これだけインターネットが普及して、情報があふれた時代に隠し事なんてできやしないのだ。

そして隠そうと思えば思うほど、人は無理に取り繕うとして疲弊する。

だから、本音で生きていく。

二人で暮らしていてもそう。本音でとことん話す。

そして、社会に対しても、周囲の方々に対しても。

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です