【実践中】海外生活のお金の不安を解消するための方法

こんにちは、アブログ(@ablog_view)の中の人です。

 

海外で暮らすとなった時に、お金の不安が付いて回ると思います。

日本の会社からの海外出向だったら、バッチリ給料も保証されて安心なのですが、ぼくらのような個人事業主は例え朝から晩まで働こうが「稼げない=食えない」になる訳です。

 

実際、今はカンボジアのシェムリアップでBASECAMP KITCHEN(@basecamp_kt)というカレーとコーヒーとチーズケーキのお店を二人でやっています。

 

「カレーが売れなきゃ食えない!!」

では、あまりに心もとないですよね?

もちろん、カレーは大繁盛させるって前提の上ですが。

 

海外に限らずですが、個人事業主は「自分が働かないと回らない仕組み」を作った時点で終わりの始まりです。

稼ぎも頑張ればそこそこ伸びるかもしれませんが、一人でやれていることなんてしれている訳なので。

 

お金の不安を解消させる方法

お金の不安を解消させる方法の一つは、収益を分散させることです。

例え、それが一つ潰れてもすぐに自分たちは食えなくならない、ということ。

 

そして、その潰れるというのは何も倒産とかだけに限らず、病気やモチベーションも然りです。

仕事を作るにあたって「その仕事で食っていけるか?」は多くの人が考えると思いますが、「自分がいなくても回るか?」を考える人は少ないように感じます。

 

例えば、ここカンボジアでは自分たちが日本に帰ると店も廃業といった感じ。

うまくいくかどうかは別としても、生活の拠点を変える時に潰すしか選択肢がないのもどうかなと。

 

お金の不安を解消させる分散方法

ぼくは以前から「ブログ」を手札に持っているので、収益の分散としてこのブログを使っています。

ブログは自分が働かなくても、働いてくれる代表的なものなので。

 

今ぼくの手持ちのブログは全部で三つ。

  • アブログ(このブログ)
  • 北川勇介個人ブログ
  • BASECAMPブログ

 

それぞれがある程度、収益的に自立してきたのですが、始める前から変わらず描いているイメージはこうです。

  • アブログ→二人の生活費
  • 個人ブログ→個人のおこづかい
  • BASECAMPブログ→店舗の固定費

 

イメージつきますか?

これが、ぼくらが実際に行なっている収益の分散であり、「稼がないとやばい」という不安から解放されて、例え店は繁盛しなくてもやりたいことを継続していくための準備です。

 

お金の不安を解消させるにはミニマルコストを知ること

お店の固定費、二人暮らしの費用、自分の毎月の固定費 。

ぼくはこれを把握して、それぞれ必要な分をそれぞれのメディアから生み出すことに集中しています。

 

つまり

最低限いくらあれば生きていけるのか?

最低限いくらあれば幸せに生きていけるのか?

を知り、そのための方法を一つずつやっていくことです。

 

近道はありません。

今やれることをやるだけです。

 

お店の方は、相方ががっつりお客さんの胃袋掴んでくれているので、目の前のお客さんしっかり大事にして、定期的に足を運んでくれる人やお店を知ってくれている観光客の数を少しずつ増やしていけたらな、と。

お店でドル(現地通貨)を稼ぎ、オンライン上で円を稼いでおくことで、備えが二重になり、不安が解消されたらパフォーマンスも上がります。

お金は全てではないけど、お金に困っているときはどこか余裕がない。気がします。

 

まとめ

ということで、海外生活中のぼくらのお金の不安を解消する方法を公開しました。

 

最近は、ぼくらのお店に「ブログの勉強をしたい」と足を運んでくれる人もいました。

こういった志を持った人たちの交流の場としても、お店を使えたらいいなと考えています。

 

ブログは人生を変えてくれる。

それによって不安を小さくすることができる。

これが実体験です。

 

▼お店はこちらです(遊びに来てね)

▼オンラインストアはこちら(オリジナルTシャツ扱ってます)

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年静岡県生まれ 日本体育大学卒業後、静岡県の公立高校に四年間勤務。 退職後に訪れたカンボジアで縁があった小さな農村部に小学校を建設し、その後正式に独立。 現在はリュック二個のモバイルライフ。カンボジアを拠点にゆっくり旅の途中。