【結論】シンプルできれいな部屋を維持したければ日用品・消耗品を使い切るべし

一緒に暮らして3ヶ月が経ちました。

そんなぼくらは、一緒に住み始めてから「使い切る暮らし」を強化中。

 

「宝の山」と言われるほどの日用品・消耗品を眠らせていた相方の物品を使い込んでいます。

きれいな部屋を維持したいとか、シンプルな暮らしを実践したいと思ったら、ズボラであろうが不器用であろうがすぐに実践できることがあります。

それが「日用品・消耗品を使い切る」ということです。

 

この記事の内容
1.使い切る方法

2.必要なものを買い足す時の注意点

3.使い切る暮らしのメリット

 

日用品・消耗品を使い切る方法

まず部屋の中を見渡して、どんな日用品・消耗品が溢れているか確認しましょう。

インスタント食品、お茶のパック、歯磨き粉、シャンプー、石鹸、綿棒、ヘアワックス、文房具、ノートやメモ帳などなど。

書ききれないくらい多くのものがあると思います。

人からいただいたり、結婚式の引き出物やお祝い返しでたまっていくものも多いですよね?

 

これらを使い切る方法は主に2つ。

方法
1.使う場所にまとめる(隠さない)

2.使い込む

これだけです。

 

使う場所にまとめる

歯磨き粉やヘアワックスなどは洗面台の周辺へ。

シャンプー類の詰め替えはバスルームの入り口付近へ。

インスタント食品やお茶のパックなどはキッチン周りへ。

 

なるべく使う場所の近辺に隠さず出しておきます。

 

隠さない理由はいろいろありますが「見える状態にする」「把握する」という目的が主です。

特に、人が家に来たりすると「あれ?なんでこれ出しっぱなしなの?」ってなりそうで恥ずかしいですよね?

だからと言って隠してしまえば、その物が表に出てくるのはまた随分と先になります。

 

まずは抱えているものを「見える化」することで、何をどのくらい使うのかをわかりやすくしておきます。

また、下の方でも書いていますが「把握」しておくことで、無駄な買い足しがなくなります。

 

使い込む

抱えている日用品・消耗品を使う場所にまとめたら、あとはガンガン使っていきましょう。

もともとあったかどうかもわからないものなので、贅沢使いしたって構わないのです。

使ってみておいしくない、いい匂いではない、効果がない、などがわかれば捨ててしまえばいいのです。

 

ポイントは「もったいない」という考え方を捨てて、ドンドン使っていくこと。

目に見える状態にした日用品の山が減っていくのがわかると、ものすごい快感ですよ。

 

必要なものを買い足す時の注意点

ためこんでいた日用品・消耗品を使い込んでいくと次第に終わりが見えてきます。

この時の注意点は以下の2つです。

注意点
1.なくなってから買い足す

2.必要以上に買わない

 

なくなってから買い足す

「あ、そろそろシャンプーなくなりそうだな〜買っておこう」ではなくて、なくなってから買いに行くようにしましょう。

もちろん「そんな毎日買い物行けるわけじゃないよ」って人もいると思います。

なくなったらというのは、自分基準で問題ないです。

ですが「少なくなった」だけで買い物に行くと、ついつい余分なものまで買ってしまうので、なるべくギリギリまで使い込んでから新規購入をおすすめします。

 

必要以上に買わない

シャンプーがなくなったらシャンプーだけ買います。

「そういえばティッシュもなくなりそうだな〜」

「トイレットペーパーあったっけ?」

「あ!食品が安くなってるから買っておこう」

は超絶NG。

 

そもそも「必要なものが無いから買う」のであって、「無くなった時のために買う」「安いから買っておく」を継続していては、いつまで経っても部屋の中は片付きません。

今自分は何が必要で、何をどのくらい持っているか?を適切に把握できていれば無駄買いを防ぐことができるのです。

 

消耗品を使い切るメリット

最後に、消耗品を使い切る暮らしのメリットをまとめておきます。

  1. 部屋の中が片付く
  2. 自分にとっての必要がわかる
  3. 無駄な支出を抑えられる

 

今持っているものをとにかく使い込んでいけば、単純に家の中のスペースは次第に広がっていきます。

物は使ってこそ価値なので、取っておいてもあまり価値はありません。

おいしいものはおいしいうちに使ってしまうのが得策です。

 

また、消耗品を使い込んで行くと自分の生活に必要なものがわかって来ます。

例えば「入浴剤」を普段使わない人にとっては、いただきものや景品などで手に入れたものはいつまで経ってもなくなりません。

 

だからこそ、なるべく早く消化してしまうことで「また使いたいかどうか」がわかるのです。

「あ、今度から入浴剤使おう!」と思えば、自分が使いたいものを探しにいけばいい。

「あんまり入浴剤好きじゃないんだよな」と思えば、サッサと使うか人に譲るか捨ててしまえばいいのです。

 

そして、家の中のものが減り、自分にとって必要なもの知り、今何をどのくらい持ってるかがわかれば、買い足す必要があるものが把握できるので無駄買いがなくなり「余分な支出」を防ぐことができるのです。

 

買い物に行く時間がない人はAmazonやロハコを活用すれば、必要なものは最短翌日には届くし、定期購入にしておけば毎月の支出も管理しやすくなるのでおすすめです。

 

大掃除や断捨離みたいな大がかりの作業もいいですが、労力をかけずに日々の暮らしの中で今すぐに始められることがあります。

部屋の中をスッキリさせたいなと思ったらやってみてください。

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年静岡県生まれ 日本体育大学卒業後、静岡県の公立高校に四年間勤務。 退職後に訪れたカンボジアで縁があった小さな農村部に小学校を建設し、その後正式に独立。 現在はリュック二個のモバイルライフ。カンボジアを拠点にゆっくり旅の途中。