お秘書さんの重要性

2017年5月9日

カンボジアの小学校建設が始まった頃から、割と一緒にいることが多くなった愛さん。

 

今回の遠足も、参加してくれた。

 

「まさか年に何回もカンボジア来るようになるとは思いもしなかったよ。」と言っているけれど、ずっと味方でいてくれる頼れる姉さん。

多分こっちのブログは読んでいないと思うから、素直に書くけれど。

 

一人でやることのタスクが増えてきて、たまに何からやっていいのか本当にわけがわからなくなる。

 

自分の自己管理能力の低さが露呈する瞬間でもある。

 

「秘書がいたらな〜」が最近の口癖だけど、愛さんはまさにそんな「秘書的存在」で、「あれはやった?これはやった?他に必要なことないの?」とぼくを動かしてくれる。

 

姉御肌でとても面倒見がいいから、ぼくは遠慮なく甘えている。

 

カンボジアの子ども達と一緒に作ったヘアゴムのパッケージに入れる、新しいポップの袋詰めがあったんだけど、中に入れるポップが足りなくてずっとほったらかしてたら「注文した?私明日帰るよ?」と言われ、大至急で注文。

 

たまたま印刷会社が暇で、即日印刷をしてくれて袋詰め完了。

 

マジで助かった・・・。

 

日々やることに追われるより追いかけたい

「今日じゃなくてもいいや」「また明日やろう〜」

そうやって、今日やることを先延ばしにしても、何もいいことない。

 

今日やるべきことやらずに、ゴロンと寝転がってYouTube観ていても、明日にはまたやるべきことがあって、今日先延ばしにした作業が追加で迫って来るので、明日また自分に余裕がなくなる。

 

頭ではわかっているのに、やっぱり人間甘いから、目先のちょっとした快楽に溺れて妥協してしまうあたりが、フリーランスに不向きなのかなってたまに思ったりもする。

 

今日やるべきことは今日のうちに。

 

生活リズム命

日々のタスクをきちんとその日のうちに終わらせて行くためには、生活リズムが鍵を握る。

 

朝しっかり起きて、朝のうちから動き出して徐々にやっていけば、その日のうちに終わらせることができるタスクはいっぱいある。

 

先延ばしにするから、同じ作業でも気が重くなるし、どんどんめんどくさく感じるようになる。

 

「やる気はスピード」とはその通りで、そのやる気(テンション)の維持は、生活リズムを整えておくことで簡単に維持ができる。

 

生活リズムを狂わす一番の原因はわかっていて、自分の場合はそれが仲間と飲むお酒の時間。

 

楽しくなるともうどうでもよくなってしまうので、結局その時を限界で楽しんで、翌朝寝不足の二日酔いという負のスパイラルを迎える。

 

いい加減、キレイなお酒の飲み方しようって感じ始めた30歳は今夜、カンボジアの大好きな同い年の仲間達との集まりがあるので、こうして今ブログを先に書いておくと言う保険もかけている。

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年静岡県生まれ 日本体育大学卒業後、静岡県の公立高校に四年間勤務。 退職後に訪れたカンボジアで縁があった小さな農村部に小学校を建設し、その後正式に独立。 現在はリュック二個のモバイルライフ。カンボジアを拠点にゆっくり旅の途中。