これまでに100均で買ってよかった旅グッズまとめ

◆こちらの記事は古くなってます◆

バックパッカーや海外旅行にオススメの100均旅グッズ。

以前も海外旅行にお役立ちの100均アイテムのまとめ記事を掲載しました。

 

最新版はこちら→百円均一で揃えることができる便利な旅グッズ

(管理人のメインブログに飛びます)

 

参考記事:旅に出る前に調べておきたいお得情報

参考記事:バックパッカーおすすめ!100均一で揃えることができる旅の便利グッズまとめ

 

前回の大衆的な記事と重複する部分を持ちながら、実際に旅先で収益を得ながら、移動している僕が実際に100均でそろえたコアなアイテムを紹介しようと思います。

スポンサードリンク

 

 

メッシュバックポーチ

[amazonjs asin=”B00U2F06MA” locale=”JP” title=”(ファニーメイド) Funny made 3サイズメッシュポーチ /小物入れ/1/2/3 Pouch 3-piece set (ブラック)”] IMG_4978

A4サイズのメッシュバックは中身が確認できておすすめ。

ぼくはバラバラ散らばってしまう小物たちをまとめて収納するようにしています。

 

IMG_4973

裏面にもポケットがそれぞれ独立して2箇所。

 

IMG_4974

濡れた物やゴミを持ち帰るためのビニール袋を忍ばせたりしています。

このポーチ自体にクッション性はないので、壊物は入れていませんが、ビニール袋が多少衝撃を和らげてくれる(気がします)。

 

サイズ展開が豊富なので、使用用途に合わせて選びたいですね。

 

ビニールネットケース

[amazonjs asin=”B0052HIHTM” locale=”JP” title=”マグエックス メッシュケース A3 MMC-A3-B”] IMG_4972

先ほどのメッシュタイプとは異なりますが、こちらも中身が確認しやすい透明のビニールポーチ。

 

A5サイズだとこの中に収まる液体物を飛行機内に持ち込むことができるので、ぼくは歯磨きセットや目薬などを入れて機内に持ち込むものと、宿などで使いたいアイテムとして預け入れ荷物に入れるものとに分けています。

 

マイクロファイバーポーチ

[amazonjs asin=”B00E9Q3AL2″ locale=”JP” title=”マイクロファイバー クリーナー ポーチ【黒】【084645】”] IMG_4967

以前も紹介したマイクロファイバーが内部に使用されたポーチ。

ぼくは電子機器類のケーブルをまとめて収納しています。

 

また、メッシュポーチ同様にサイズ展開も豊富なので、収納する物に応じて選びやすいですね。

 

IMG_4969

パソコンやスマホの液晶を綺麗にできちゃいます。

 

Dカン付きのびのびポーチ

[amazonjs asin=”B01EQUSHCW” locale=”JP” title=”F-TUBAME ランニング ポーチ&ランニングベルト ペットボトル ランナーポーチ スマホ対応 反射材付き 夜間ウォーキング&ランニング中に携帯可 防水 軽量 iphone 6splus 収納可 調節可 伸縮ベルト ポーチ 5色選択可 ブラック”] IMG_4962

 

伸縮性に優れた素材を採用したのびのびポーチ。

 

中にはスマホやコンパクトデジカメなどを入れることができる。

IMG_4963

 

Dカン付きなのでカラビナと合わせればリュックやポケットのないズボンでも持ち歩きが楽になる。

IMG_4964

 

カラビナ

[amazonjs asin=”B00QXLVJ7S” locale=”JP” title=”16個セット カラビナ カラフル マルチカラー キーホルダー 小型タイプ ロック キーリング(8色×2)”] IMG_4870

以前も紹介したカラビナ。

よく見かけるのに、意外と名前を知られていないこのアイテム。

 

宿のベッドスペースや屋内でビニール袋を吊る下げたりするのに便利です。

 

バックパックに2、3個吊るしておくといざという時に便利。

 

写真のようにロック式もありますまが、回したら簡単に外せるので防犯対策としては不向きなので注意。

 

フリーザーバッグ

[amazonjs asin=”B00ZOAIJTK” locale=”JP” title=”ジップロック フリーザーバッグ L30枚入”] IMG_4966

 

料理を保存した時に活用するアレ。

 

ぼくは以前、預けた荷物の中に入れていた液体物が破裂するというバックパックぬるぬる事件がトラウマなので、液体物は必ず袋の中に入れています。

IMG_4971

 

S字フック

[amazonjs asin=”B01530KR7C” locale=”JP” title=”Pixnor 10個入りS字フック ユニバーサルフックストレージラックステンレススチール、シルバー (M)”] IMG_4957

これもカラビナと並んで以前から紹介しているアイテム。

目的はもちろん、トイレで踏ん張る時にバックパックを吊るしておく足休め。

 

あとは宿で何か吊るしたりするのに便利。

 

洗濯用ピンチ

[amazonjs asin=”B01D1PDCD2″ locale=”JP” title=”SZM 物干しロープ 12個クリップ付き マルチ機能ハンガー アウトドアハンガー 旅行 キャンプ用ハンガー 伸縮物干し竿 (黒)”] IMG_4975

洗濯をした後にソックス、パンツ、タオルを干しておくためのアイテム。

 

ハンガーは宿で何とでもなるが、持ち運び便利なこういうアイテムは意外と海外では出会えないので100均様様だ。

 

タッパー

[amazonjs asin=”B0090CP8BK” locale=”JP” title=”ジップロック コンテナー 長方形 500ml 3個入”] IMG_4976

これはあまり活用されにくいとは思うアイテム。

 

ぼくは写真印刷用の台紙や交換用のインクを入れている。

 

3口コンセント

[amazonjs asin=”B003V1XNZ4″ locale=”JP” title=”サンワサプライ 雷ガード 2P 3個口 トラッキング火災予防機能付き TAP-SP205″] IMG_4926

旅先の宿では、1口しかコンセントがない宿もある。

 

そこでオススメしたいのが、この3口コンセント。

コンセント同士の穴の間が広いので、かさばらずに使用ができる。

 

これがあればスマホ、パソコン、カメラなど複数の電子機器類が一遍に充電できる。

 

ビニールテープ

[amazonjs asin=”B007Q62BXA” locale=”JP” title=”TRUSCO 耐熱・耐寒・難燃 プレミアム ビニールテープ ホワイト 19mm×20m TMPM1920W”] IMG_4979

ガムテープを持ち歩くのはめんどくさいですが、何か補修する際に便利なのがビニールテープ。

ぼくは何か壊れるといつもこれで補修しています。

 

IMG_4924

仕事をする際に愛用しているBOSEのイヤホンのケーブルが痛んできたので、見た目は残念ですがこれで補修しました。

いい物は長く使いたい。

 

動画や音声を編集する際にイヤホンは必須。

 

便利バンド

IMG_4867

マジックテープが付いているだけのただのゴムバンド。

 

かさ張る書類やノートをまとめて、バックパック内で散らからないようにしている。

 

マジックテープタイプの結束バンド

[amazonjs asin=”B002TE7Q4I” locale=”JP” title=”オウルテック 結束マジックテープ OWL-SKSN03″] IMG_4868

電子機器類の長くて煩わしいケーブル類を収納する際に、束ねておける全身マジックテープの結束バンド。

 

もちろん使用する際は結束を解きましょう。

IMG_4929

 

100均でそろえることができる旅の便利アイテムまとめ

以前紹介した100均アイテムから更にアップグレードされた今回の100均アイテム。

 

侮ることができない100均は、ローコスト・ハイクオリティでぼくたちの旅をサポートしてくれています。

しかも日本人目線で製造販売されている商品のほとんどは海外では入手不可なので、出発前に揃えておけば、旅が更に快適になること間違い無し。

 

これからバックパックに荷物を詰めようとしている人や、海外旅行を計画している人の助けになれれば幸いです。

 

この記事を読んでくれた人におすすめの記事

バックパッカーとして仕事をつくるために愛用している持ち物・必須ガジェット10選

2017.10.13

【旅の支度】自宅の不用品はお手軽な宅配買取を利用して旅資金調達

2017.10.11

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



5 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    1986年静岡県生まれ 日本体育大学卒業後、静岡県の公立高校に四年間勤務。 退職後に訪れたカンボジアで縁があった小さな農村部に小学校を建設し、その後正式に独立。 現在はリュック二個のモバイルライフ。カンボジアを拠点にゆっくり旅の途中。