【SNS活用】Instagramの投稿をTwitterに画像付きで自動投稿する方法

SNSを上手に活用する技術はもはや必須スキルとも言える現代。

 

中には、SNSのフォロワー数が多い学生の採用を優遇するという企業もあるそうですね。

 

学歴が当てにならなくなり、SNSを活用するスキルが求められている時代が、より明確になって来ています。

 

今回は、Instagramで投稿した内容を画像付きでTwitterに自動投稿する方法についてまとめておきます。

 

画像付きで連動させる方法

InstagramとTwitterを連携している人は多いと思いますが、通常の連携だとInstagramへのリンクが表示されるだけです。

これだと、リンクをクリックするまで画像が確認できないので、Twitter→Instagramへ誘導するハードルはかなり高いです。

 

連動させている以上、TwitterのフォロワーをInstagramでも取り込みたいわけですので、Twitterのタイムラインで画像が確認できるようにすることで、クリック率を高めることが狙いになります。

 

リンクのみより、画像が事前に見えた方がのぞきたくなりますよね?

 

TwitterとInstagramを連動させるアプリ

画像付きの自動投稿を行うためには「IF by IFTTT」というアプリを利用します。

 

英語表記なので抵抗がある方もあるかもしれませんので、画像付きで解説していきますね。

 

ダウンロードがお済みでない方は、まずダウンロードをお済ませください。

 

IFTTT
IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted with アプリーチ

ダウンロードが完了したらアプリを開いてログイン設定を行います。

GoogleやFacebookアカウントでもログインできますが、今回はメールアドレスを活用した方法をご紹介します。

 

初めてアカウントを作成する場合は「Sign up」を選択します。

 

すると、メールアドレスとパスワードの設定画面が出てきます。

アカウントが作成できたら、アプリのトップ画面から検索ボタンを押してInstagramのアイコンを選びます。

画面のように、「Instagramに投稿した写真がTwitterのフィード状に表示されますよ〜」と出るので「Turn on」という部分をスライドさせます。

 

TwitterとInstagramを連動させる

ここまで進むとTwitterとInstagramへそれぞれアクセスの許可が求められます。

 

まずはInstagramのユーザーネーム(@以降の部分)とパスワードを入力して、IF by IFTTTがInstagramにアクセスすることを許可します。

続いて同様にTwitterへのアクセスも許可します。

画面上に「SUCCESS」と表示されたら、作業は終了です。

 

まとめ

これまでInstagramを投稿する際にTwitterと連動させていた人は、今後はInstagram上で連動させないようにしましょう。

 

SNSを活用することで、自身の活動やビジネスをより多くの人に知ってもらうことができます。

どうせやるのであれば、拡散の効率化だけでなく「クリック率」を意識して周りと差をつけたいですよね。

 

これによって、TwitterのフォロワーをInstagramのフォロワーにもすることが可能になります。

一度の設定で、今後ずっと反映されていくのでささっと設定をしてしまった方がいいと思います。

 

ほんの少しの差が、後々大きな差になって返ってくる(のかもしれません)。

 

この記事に関連する記事

▼YouTubeのチャンネル登録者を確実に増やしていくために、再生画面に登録ボタンを設置しましょう。

YouTubeチャンネル登録者を増やすための登録ボタンの設置方法

2017.10.30

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です