グレゴリーのデイパックにMacBookと一眼レフ詰め込んでササフラスのデニムとレッドウィングのブーツを履いてどこまでも

何の狙いもなく、ふと今描く理想のライフワークスタイルを言葉にしておきたくなった。

 

2017年も年末。

 

フリーランスになってもうすぐ5年目のシーズンが終わる。

 

この5年間、いろんな変化がぼくの日常にはあった。

 

よくわからない仕事に手を出して苦しんだ時期もあったし、友人に騙されて結構大きなお金を持って行かれたりもした。

 

そんな中でカンボジアに小学校も建てたし、新たにいくつも事業を作ったりもした。

 

簡単にやめたこともあれば、変わらず続けているものもあって、新しく始めたこともいくつか。

 

離れていった人もいれば新しい出逢いがあって、もちろん相変わらずな人たちもいる。

 

自分にできることが少なすぎて、背負うものがやたら大きくなっていっている気がして。

 

それが歳を重ねることなのかな?なんて思いながら、気付けば三十路は始まっていた。

 

いくつもの選択と決断の連続で、なんとかここまで来たような気もするし、まだ何もできていない気もする。

 

2018年はもうすでにやりたいことがたくさんある。

 

だけど、それが正しい選択なのか、やるべきなのか、わからなくて。

 

割とノリと勢いで生きて来たのに、結構迷っている。

 

今のこの気持ちは、あれほどなりたかった教師の道から離れて、無計画にフリーになってしまったあの頃の感覚と似ているような気がする。

 

意味わからないかもしれないけど、似ていないような気もする。

 

自分でやろうとしていること、やりたいと思えることは、全て自分で言葉にできるのに。

 

迷いが生じているのは、きっと、何かが気になったまま生きている。

 

他人や社会に目を向ける前に、自分をコントロールできなくなっている。

 

カンボジアに小学校を建設するって言い始めた時、いろんな人から、いろんな意見をもらった。

 

でも、あの時はやるって言い出した自分の言葉を曲げなかった。

 

「学校なんて建ててどうなるの?」

 

そんな質問にはいつも

 

「学校に通えていない子たちに通えるチャンスができる」

 

それしか答えなかった。

 

それ以上でもなかったし。

 

「何でその村なの?」

 

って聞かれていつも答えるのは一人のお母さんのストーリー。

 

「娘が道路で車にはねられて死んじゃった。遠くの学校に通わせなければよかった。」

 

そんな言葉と、潤んだ瞳。

 

村の中に小学校があったら・・・。

 

なんだか他人事には思えなかったから。

 

だから「建てることよりも建てた後が大事!」って嫌になる程言われたけど、そんなことは建ててから考えればいい。

 

そう思って、誰に何を言われてもやらないって選択肢はなかった。

 

今はというと、変に経験値や知識が増えてしまったからなのか。

 

わからないけど。

 

自分が何かをしようと思ってやったことの、いいこと、悪いことの両面が見えてしまって。

 

「こんなことをしたら、こんなことまでできそう!」

ってワクワクする自分と

「これやったことによって、こんなことが起こってしまうことも考えられるな・・・。」

ってなる自分が二人いる。

 

弱気かもしれないし、らしくねーなー!って言われるかもしれないけど、それが素直な気持ち。

 

散々いろいろ書いてきてアレだけど、でも多分、ぼくは今考えていること、やると思う。

 

高校生の頃は自分が学校の先生になることも、その後に志した道を自ら辞める日が来るなんてことも、当時は全く考えられなかった。

 

でも、そうなってた。

 

辞めた後だって、飯食っていける自信もノウハウもなかった。

 

でも、今も、ぼくは生きている。

 

いつだって、どこにいたって、やることは変わっても。

 

大切に思える人たちがそこにはたくさんいて、好きなことしている。

 

どんなことが起こっても、不幸なことはなかった。

 

その事実だけが、ずっと残っているから、なんとなくなんだけどやれてしまう気がするんだ。

 

もちろんしんどいことも、嫌になりそうなことだって、これからもあると思う。

 

でも、そんなことは何したって、どこにいたって、きっと起こる。

 

だったら、自分の人生の中に、大好きで大切なものをこれからもたくさんパッキングしていこうと思う。

 

タイトルがあえてこんななっているのは、5年前にTwitterでたまたま見つけた誰かの言葉が忘れられないまま、今でも大切に残っているから。

美味しいご飯を食べて、ブログを書いて、好きな服着て、大好きな人に今日も会いに行く。

 

そんな毎日の繰り返しが素敵すぎると感じて、ぼくはそんな日々を追い求めてきた。

 

食べたいものも、ほしいものも、やりたいことも、一切妥協したくないから。

 

やっぱり気持ちはフリーになった時の感覚に近いかなと。

 

どんなことが待っていても逃げないし、自分で選んで決めた道を、いつだって正解に変えられる生き方していくしかないのだから。

 

ちょっと言葉にしておきたくて、書いてみた。

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です