【追記あり】移動生活を続けるぼくが所有している全てのもの

旅するように暮らすこと

国内・国外を移動しながら生活するようになって3年目。

 

旅する様に暮らすというスタイルは定着しつつあります。

 

この生活になってから、身の回りが日々変化していて、その主なものが荷物。

 

移動を繰り返す中で見えてきた本当に必要なもの。

 

シンプルライフとかミニマリストと言った言葉が珍しくなくなった現代。

「モノがもつ価値」へ徐々に疑問を持つ人が増えてきているようにも感じます。

 

でも本当に大切なことは荷物を減らすことではない。

荷物を減らしたことで、どんな未来を引き寄せたいのかがイメージできなければ、荷物をむやみに減らして後悔だけが残る。

 

今回は3年間かけて厳選してきたぼくの全ての所有物を掲載します。

 

これからシンプルライフやミニマリスト、物を持たない暮らしを始めようとしている人や、バックパッカーとして旅に出ようとしている人の参考になれば嬉しいです。

 

※青色の文字は追記、変更点になっています。

ライフパック1

ごちゃごちゃに見えたトップの写真も、適切に荷物をまとめるとこれくらいスッキリします。

 

何が何なのか分かりにくいですが、これがぼくが所有するすべての物。

 

ジャンルごとに分かれているので、どこに何があるのか常に整理された状態。

 

身の回りがスッキリしてから、無くし物が少なくなりました。

 

1 衣類(上)

・メインTシャツ7枚

IMG_4909

ptagoniaのオーガニックコットンは着心地抜群。

現在はこの7枚の内4枚が死亡。

 

・サブTシャツ2枚

山本シュウさんからいただいたシンセキTシャツとバンコクでさち姉さんに買ってもらった将太と色違いのナッシングTシャツ。

 

・ロンT2枚

IMG_4907

肌寒い時に備えてPatagoniaのキャプリーン2、3を一枚ずつ。

 

・カーディガン1枚

空港や機内、レストラン等の効きすぎたエアコン対策に。小さくたためるので場所をとらない。

破れて捨てました。もう買わない。

 

・パーカー1枚

フリース素材は重ね着しなくても暖かい。

これに加えて、現在はダウンジャケットも持っています。

 

 

以上が衣類(上)に分類されている。

 

2 衣類(下)

・長ズボン3枚

デニムとチノパンとスウェット。

現在はデニム以外破れて捨てました。長ズボン一枚生活。

 

・短パン5枚

海パンにもなるハイブリッドパンツは街履きでもおしゃれ。

この5枚の内は4枚は破れて死亡。

2枚新たに買い足しました。

 

・レギンス1枚

超寒い時に。

履かなすぎて虫に食われました。(死亡)

 

以上が衣類(下)に分類されています。

 

3 衣類(その他)

・ソックス3セット

2017年10月現在、全ての靴下が破れましたがカンボジアなのでそんな必要ないです。

帰国するときは石◯純一状態。

・パンツ3セット

今は4セット♡

・タオル1枚

どこかへ行きました。

・マフラータオル2枚

カビました。

・ポケットハンカチ3枚

・手ぬぐい1枚

どこかへ行きました。

その他の衣類関係は以下の通り

・サンダル1足

・スニーカー1足

捨てました。

・ランニングシューズ1足

・ブーツ1足

・ニットキャップ1個

・キャップ1個

・ポンチョ

破れて捨てました。

 

4 日用品まとめ

100均で購入したA4サイズのメッシュバックには日用品が分類されています。

IMG_4971

 

5 ミニポーチ

アジアンテイストなミニポーチにはお守りが入っています。

また旅先でちょいっと出かけたいだけの時は、この中にマネークリップで挟んだ少量のお金とスマホだけ持って出かけます。

 

重ね着をしている時はシークレットポーチとしても活用できるので便利。

 

6 スクラバウォッシュバッグ

携帯用の洗濯機は、バックパッカー女子大生くるみからもらったプレゼント。

関連記事:Amazonでほしい物リストを公開していたらプレゼントをが届いた(5)

IMG_4922

 

7 機内持ち込み用ビニールバッグ

早朝や深夜のフライトに備えて歯ブラシセットや除菌セットなどが入ったビニールバッグ。

中身が透明なので中身の確認が簡単。

 

衛生面の良くない場所での食事に備えてスポークも携帯している。

IMG_4961

ロンデン村で紛失。

8 宿で必須アイテムを詰めたビニールバッグ

電池式の蚊取りや懐中電灯をセットしたビニールバッグは預け入れ荷物に入れて宿で活躍。

IMG_4935

ヘッドライトは村の夜の外出時に。

ハンドタイプは停電時などに活用。

ハンドタイプは故障しました。

IMG_4934

電池式の蚊取りは便利。

ズボンのベルトに引っ掛けるタイプ(左)と腕時計式(右)がある。

もう刺されてもあんまり気にならないので持ち歩かなくなりました。

9 フック付きグルーミングポーチ

シャンプーやボディソープ、ヘアワックス、爪切り、髭剃り、絆創膏、常備薬、綿棒などを収納したグルーミングセット。

これらは宿に着いたら即座に洗面所に設置。

これだけですぐに家にいる時と同じ日常の朝をつくることができます。

DSC_0082

買い換えました。

関連記事:モンベルのトラベルポーチが使いやすくて便利

 

10 電子機器類備品

充電池(単三8本、単四8本)は持ち歩きだけでなく、日常には必須アイテム。

使い捨て電池は、資源と費用の無駄遣いだと思っている。

 

その他、先日匠さんからいただいたSONYのActive cam miniもコンパクトなのでこの中に入れている。

また、変換プラグや変圧器などが入っている。

 

佐久間井戸の共同企画者匠さんからプレゼントをいただいた。

 

11 洗剤・洗濯用品

数日間の移動であれば、洗剤は持ち歩かないが、長期での移動は洗濯物も増えるので、ボトルタイプの液体洗剤を持ち歩いている。

預け入れ荷物がない時は、粉洗剤もしくはトラベルパックで対応する。

IMG_4975

100均で買ったピンチはコンパクトなので持ち運びに優れている。

が、ちょっと重たいもの吊るしただけで簡単に壊れました。やっぱりもうちょっとちゃんとしたもの買うことお勧めします。

ぼくはもう買わないかな。

 

12 ザックカバー

IMG_4984

バックパックには必ずザックカバーを用いる。預け入れの際や、雨や泥の対策としても効果はバッチリ。

ぼくはZ40様に50L(青)とバルトロ75様に80L(赤)を使っている。

 

赤い方は注文が遅くなってしまい、新ロゴになったのが個人的にちょっと残念でした。

移動生活を続ける僕がグレゴリーのバックパックを使い続ける理由

 

13 ショルダーバッグ

普段使いのショルダーバッグには貴重品がまとめてある。お腹の前で抱えておくと安心で、デイパックとの相性もいい。

買い換えました。

関連記事:グレゴリーのアセンドミニショルダーが便利

 

14 セカンドバッグ

持ち歩くほどではない貴重品が入っている。基本的には宿の金庫やロッカーに入れている。

 

15 写真用台紙を入れたタッパー

世界の路上で笑顔集めをしながら、フォトグラファーとしての腕を上げると決めた僕は、モバイルプリンターですぐに写真を現像している。

常にL版、ハガキサイズ、2L版を持ち歩く。

IMG_4976

16 写真用透明袋と交換用インク

購入してくれた写真をお渡しする際の透明な袋と、いつプリンターのインクが切れてもいい様に交換用のカートリッジを持ち歩いている。

IMG_4977

17 電子機器類ケーブル

スマホ、パソコン、プリンターなどの電子機器類をまとめている。

100均の袋はマイクロファイバー内蔵で、衝撃にも強め。

しかも、液晶画面を拭くこともできます。

 

18 モバイルHDD

パソコンのバックアップを取ったり、増えていくデータをまとめておくHDD用にも同じく100均のマイクロファイバーポーチを利用。

ちなみにHDDはTOSHIBAの2TBを使用。

 

19 一眼レフカメラ NikonD50

前職でカメラ好きの方にいただいたカメラをずっと愛用中。

最近はレンズをプレゼントしてもらったので、俄然やる気になっている。

写真 2015-09-18 16 01 56

Amazonでほしい物リストを公開したらプレゼントが届いた(1)

買い換えました。

現在はこちら。

 

20 MacBook Air 13インチ

ぼくの仕事の全てが詰まったMacBook Air。

これが失われたら、絶望的。

 

FRITAGのケースで持ち運んでいる。

IMG_4915

 

21 モバイルプリンター Canon iP100

Evernote Camera Roll 20151007 192844

これが今のぼくの商売道具の肝の部分。

 

路上でシャッターを切って、即座にパソコンで編集、そして印刷。

 

コンパクトすぎるプリンターはMacBook と比べてもこのサイズ。

Evernote Camera Roll 20151007 192844

 

22 GREGORYのツールポーチ

大学時代に購入して筆箱として使っていたお気に入りのグレゴリーのポーチ。

(未だに大学の校章のバッジが付いている。)

 

現在は、仕事に必要なツールが入っている。メディアを駆使する様になった現在も、アイディアやコンセプトの捻出に必要な初期のたたき台は、紙媒体による制作がメインになるので、その作業に欠かせないアイテムが収納されている。

 

移動生活を続ける僕がグレゴリーのバックパックを使い続ける理由

 

23 LOGOSのキュービックチェア

IMG_4882

親友の大智からもらったLOGOSのキュービックチェアは、ストリートで活動する際の必須アイテムとなった。

コンパクトに収納することができる一方で、対荷重は100kgまでという優れもの。

 

Amazonで公開していたほしい物リストじゃないけど大智からプレゼントが届いた

壊れました。ごめん、大智。

 

24 Kenko カメラ用三脚

写真 2015-09-20 11 59 36

Amazonでほしい物リストを公開したらプレゼントが届いた(2)

 

集団写真や手ブレを抑えるために活用したかったカメラ用三脚はIsMさんから届いたプレゼント。

 

タイで盗難に遭いました。ごめん、IsMさん。

現在はこちら。

 

まとめ

移動生活を続ける僕が、所有する全ての物を公開しました。

グレゴリーの2つのバックパック(バルトロ75とZ40)にこれらの物が収納され、ぼくはスケボーに乗って移動する(していました)。

ちなみに、Z40は必要なくなって売りました。

 

おそらく、バックパッカーやミニマリストの部類としてはぼくは荷物は多い方です。

しかし、これからもぼくの身の回りの物は常にアップデートされていくと思うし、物の多少よりも、どんなものに囲まれるかの方が大切なのだとぼくは思います。

 

ただ、荷物の量ではなく所有するものが把握できているから、持ち物で悩むことも、物を無くすこともなくなった。

 

持ち物に支配されるのではなく、物をコントロールできる様になれば身も心も軽くなります。

軽くなった分だけ、移動距離を伸ばせば、さらにクリエイティブ差が増してくる。

 

さて、これからも旅の相方背負って歩き続けます。

 

この記事に関連する最新版パッキング

▼読者の方の希望に応じて、最新版の所有物公開しました。

移動生活を続けるバックパッカーの荷物は2年経つとどう変わる?

2017.11.06

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です