カンボジア小学校建設物語(15)〜2年間の感謝と3年目の決意編〜

2015年9月2日。

カンボジアに小学校を建設しようと本格的に活動を開始してから2年が経過。

これまでの2年間を支えてくれた多くの方々に感謝してます。

 

でもまだ2年たっただけ。

何も成し遂げていない。これまでの2年間、いろんなことがありすぎて振り返るだけでも驚き。

でも1年前、2年前の自分が今の自分を想像していなかったように、1年後、2年後の自分はきっともっと想像を絶する自分になっているはず。いや、なっていなくては困る。

 

これまでの2年間をもっと詳しく知ってもらおうと書き綴った小学校建設物語も今回で最終話。

これから始まる建設工事の様子は11月頃より随時配信予定。お楽しみに。

 

この2年間で、自分自身もだいぶ変わった。

一番大きな変化がライフスタイル。

 

シンプルに暮らすこと、小ささに美しさを見出すこと、旅するように暮らすこと、モノを持たない暮らしなどいろんな要素が重なって今の生活様式が成り立ってきている。

一番聞かれることが、どうやって生活をしているのかということ。

借金まみれとか、彼女のヒモとか、親のすねかじりとか・・・

まぁ悪い方にばかり勝手に想像されるけど、僕は僕で生きている。

 

楽ではないけど、苦しくもない。

僕は毎日生きている。

2年前の自分は本当に不安ばかりだった。なぜなら安定した職業を手放し、毎月口座に振り込まれていた給料がなくなったからだ。

でも、それはすぐに解消された。

要は知らなかっただけ。

 

どこかにお勤めしないとお金が入ってこないと思い込んでいたというか、それしか知らなかったというか。

要は世間のことなんて何も知らなかった。

知らないなりに教わったり、自分で勉強したりの繰り返しで、最初のマネーラインを超えた。

 

嬉しかった。

自分で動いて、自分で稼いで、初めて入ってきた日給1800円は今でも忘れない。

その積み重ねで、今の生活は成り立っている。

 

やればやった分だけ、自分が楽になる。

やらなきゃやらないで自分が苦しくなる。

 

正直いろんな仕事をしているけど、うまくいくことばかりじゃないから、正直うんざりしたり、疲れがどっと出たりすることもある。

会社と違ってノルマも勤務時間もないから、自分自身にかかっている。

 

フリーランスって楽だけど楽じゃない。

でも自力で生きている感があってすごく毎日に張りがある。

 

社会的に見れば僕は、地面を這いつくばって生きているかもしれない。

人々から見下されることもあり、馬鹿にされることも多々あり、周りを不安にさせることがもっとありながら。

嘘つきだ、偽善者だって言われることもあったし、そもそもカンボジアでの活動も嘘だって噂されたりSNSで拡散されたこともある。

それでも僕は負けずに上を見続けて元気に笑う。

 

だって、どん底を知らない人たちからどれだけ見下されたって何も怖くないから。

生き延びている自信はこれからも僕の支えだろうし、何が起きても動じない。

それに、今のキャッシュポイント(収入源)を失った時に、なんとかする力は、ハッキリ言ってその辺の人たちより多いと思う。

個性だなんだって誰かの陰から叫びながら、保守的で守りに入っている人より、僕は胸を張って生きていられる。

 

今までそうだったように、何とかすればいいだけであって、不安に駆られて頭を抱えていたって、助けてくれる人ばかりじゃないし、お金は天から降ってはこない。

でもいつまでもその日暮らしでは、僕の周りが困るから。

そろそろ僕も、激しく動き出そうと思う。

 

この小学校建設はビジネスでもないし、ボランティアでもない。

自分でもよくわからないけど、お金にならないことをよくも2年も続けていると思う。

でもアイディアやプランはいっぱい手に入った。

それに、綺麗事なんかじゃなく、お金も含めて大切なことをたくさん学んだ。

 

やりたいことも見えている。

世界を飛び回る仕事。

会社や資格なんかに頼らず、北川勇介として世界で仕事をする。

 

小学校建設がカウントダウンってことは、次のステージもカウントダウンってこと。

ここから先の未来も一緒に見たい人だけ一緒に行きましょう!

 

 

まずは11月からの小学校建設、現地でたくさんの方とお逢いできること楽しみにしています。

スケジュールや持ち物は下記リンクを参照ください。不明点はお答えします!

 

小学校建設詳細

スケジュール

持ち物

 

カンボジアまでの航空券をチェック!
航空券徹底比較『スカイスキャナー』

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年静岡県生まれ 日本体育大学卒業後、静岡県の公立高校に四年間勤務。 退職後に訪れたカンボジアで縁があった小さな農村部に小学校を建設し、その後正式に独立。 現在はリュック二個のモバイルライフ。カンボジアを拠点にゆっくり旅の途中。