自分の想い通りにしようとするから苦しくなる

以前、何かの記事でタモリさんが「愛と平和は共存しない」って言っていた。

大切なものがあって、それを外的な環境で壊されたり奪われたりするから、恨みや妬みや悲しみがこみ上げてきて、仕返ししたり、やりかえしたりする。

大切なものはいつだって近くに置いておきたいから。

多分、人間関係というものが存在する以上、同じようなことは続いていく。

仕事にしても、友人や恋愛関係においても、そこには必ず「人」がいて、自分の中の「大切」があるから、嬉しくもなるし、悲しくもなる。

 

その大切なものは、自分一人の力で守れる(思った通りに動かせる)時と、守れない時があって、もしかしたら、思い通りに守れない時の方が多いのかもしれない。

 

だって、対「人」だから。

 

自分の「こうしたい」「こうあってほしい」という願望が、勝手に相手に期待をし、押し付けになっている。

 

自分の願いが、相手を苦しめる時もある。

だから「想い」だけでは動けないのだと、最近は考えるようになった。

 

誰かを幸せにしたいか、幸せになってほしいのか

例えば、大切な人の幸せを願う時、自分がその人を幸せにしたいのか、その人に幸せになってもらいたいのか。

 

この差は小さいようで異なるもの。

 

恋愛とか多分一番わかりやすいけど、彼女彼氏として相手を幸せにしたいのか、それとも相手がどこで誰といても幸せであればいいのか。

 

この差は大きいもの。

 

ただ、自分が一番近くにいることは、相手を幸せにする前に自分の幸せでもあって、自分の幸せを叶えようとしているだけ。

 

相手も同じように思っていればいいけれど、相手は必ずしも同じだとは限らない。だから、相手の意向が自分にそぐわないと、何だか悲しい気持ちになったりするのだと思う。

 

自分が幸せにしたいのではなく、自分が幸せになりたいだけなのだということ。

 

何かに不安になる時は自分が目の前のことをしていない時

目の前のことをおろそかにしていると、他のことばかりが頭をよぎって不安になって悩んだりする。

そして、やる気を失ったりして急に動けなくなる時が来る。

 

でもそろそろそんな原因にも気づかなくてはいけない。

 

何かに悩んだり不安になったりしている時って、大概自分が目の前のことをおろそかにして、何もしていない時にそんな感情は訪れるのだということ。

 

不安が頭をよぎる暇がないくらい目の前のことに没頭していれば、きっと自分の悩みでやる気を奪われることもなくなるのだと思う。

 

相手に依存をせず、自分に期待をする

相手にこうしてほしいと願うのではなく、押し付けるのでもなく、相手の心を惹きつけるくらい自分が魅力的になればそれで済む話。

 

自分にはその力があると信じ、自分がやるべきことをきちんとやっている人が一番かっこいい。

 

言ったこととやったことが伴わないのが一番ダサいし、きっと、何もやっていない人ほど相手に依存して、思うように動かない相手にがっかりしている。

 

自分のことすらコントロールできないのに、誰かをコントロールできるはずはなくて、結局は何事も自分から動かなくては意味がないのだという話。

 

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です