大好きな国で大好きな人たちと大好きなコーヒーを

大好きな国で大好きな仲間と大好きなコーヒーを

 

2017年5月16日

大好きな国カンボジアで、大好きな仲間たちと、大好きなコーヒー屋さんを始めることにした。

ここ1週間以上、コーヒー屋のことで動き回る日々。

本当は2月OPEN予定だったものが、いろんな業務が思うように進まず、3ヶ月も伸びている。

海外で働くってきっとこんな感じ。

期限を決める

これまで仲間たちと準備を進めながら「なるべく早く始めよう」っていう感じで、日程に関しては曖昧な目標設定しかしていなかった。

きっとこれが今回の事態を招く要素の一つになっていて、ダラダラとオープン予定が伸びてしまっている。

ということで、5月21日をOPENとして定めることにした。

 

優先順位を決める

作業と仕事の違いはあるけれど、必要なものを準備するためには行動を起こすしかない。

ただ、時間は無限にあるわけではないし、他にもやらなくてはいけない仕事はたくさんある。

そのため、何を優先的に行なっていくかを把握していくことが重要になる。

わかってはいるようなことだけど、頭の中を見える化するってけっこう忘れがちで基本中の基本。

 

とにかく動く

「後でいいや。」「明日でいいや。」って言ってしまうのは簡単だけど、結果それは後々自分の首を絞めることになる。

そして、やることリストの先延ばしは、目標達成の先延ばしでもある。

今日やるべきことは今日やるのが一番いいし、明日のことは明日やればいい。

とにかく、スピード感を大切に、今目の前のやるべきことを先延ばしにしないでやり始めることに大きな意味がある。

 

なんでコーヒーを売るのか

本当にいいものを売りたい

これまでタイを中心に、商品を仕入れて販売したり卸売りをしたりしてきたけれど、そのこと自体が自分にはあまり向かない仕事なのだと思った。

例えば「ファッション」。

服やサングラスや腕時計は好きだけど、「流行」は好きじゃない。

自分が好きなデザイン(見た目だけでなく、購入によって社会的意義のあるものや、自分のライフスタイルに適した機能など)はこだわるけど、今年流行りのものを買いたいとは、全く思わない。

それなのに、仕事のために自分が興味のわかない「売れそうなもの」を探して販売することに、ライフワークの矛盾を感じていた。

 

人に心からお勧めできるものを売りたい

自分が興味のない流行りものは「今年の流行りですよ〜」って言葉だけで人を引きつけることができるかも知れない。

でも今年流行ったものは、来年には廃れているかもしれない。

そうなると、来年は、再来年はまた再び、その年に売れそうなものを探さなくてはいけない。

時代の変化とともに移り変わる「流行」は本当に良質と呼べるのだろうか?

今年おすすめできたものが、来年はおすすめできない。

そんなもの売る意味あるのだろうか。

 

それよりも自分が大好きなコーヒーを取り扱って、自分が心から美味しいと思えるコーヒーを、誰かにも味わってもらいたくて、そのためになら惜しみなく時間を使いたいと思えるものだったから、コーヒー屋さんを始めることにした。

顔の見える商品を目指して

今回のコーヒー屋台の出店を巡って、いろんな思いをはせることができた。

例えば、コーヒーマシンを買って設置をしてもらう電気工事のおじさん。作業中に、娘を小学校まで迎えに行って、娘を連れて戻って来た。

お父さんの仕事の様子を見つめる娘を見て、自分らが頼んだ工事でおじさんには仕事があって、そのお金の一部でこの子が学校通っているんだなって思ったら、仕事を生み出すことの責任とやりがいを再確認することができた。

 

そしてコーヒー豆。

こだわって取り寄せた美味しい豆だからこそ自信を持って出せるし、堂々と販売ができる。

今度は、このコーヒー豆を生産している農家を訪問して、そこで暮らす人々がどんな生活をしていて、そこで暮らす子どもたちはどんな様子なのか、一杯のコーヒーはどこまで繋がっているのか、顔の見える商売を目指していこうと思う。

 

日常にあるさりげない一杯が魅力をつくる

コーヒーが好きな人の日常には身近にあるたった一杯のコーヒー。

その一杯を巡って繰り広げられている世界を、感じてもらえるような一杯を目指して。

日常に彩りを与えることができるコーヒー屋を展開する。

それが、大切にしたい子ども達とも胸を張って会える自分の働く姿勢なのだと思うから。

大人になった子ども達が、一緒に働きたいと思ってもらえるような環境を今の内に作っておく。

これが未来への投資の形の一つなのかも知れないから。

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です