シェムリアップの86会

2017年5月10日

 

昨夜はシェムリアップで頑張る同い年、1986年生まれのメンバーと86会。

とは言っても、勇太とじゅんこと3人だけ。

みんな予定があったり、日本にいたりでタイミングあったのはこの3人。

 

久しぶりにシェムリアップで再会した勇太には「目がカラスみたいに尖ってるぞ!」と言われてから1週間。

「だいぶ、元のゆーすけに戻ってきたな。」って言われた。

素直な言葉を吐き出せる仲間たち

86会のメンバーの何がいいかって、思ったことを素直に話ができる関係。

もっと言うとそこには利害関係は生じておらず、友達だから、ビジネスパートナーだからってそんなくくりでもなく、ただただ一緒にいて気持ちがいい仲間達。

「笑って飯を食う」って言葉を勇太に聞いて以来、意識しているのはやっぱり何をするかよりも、誰とするかは大事なんだと思う。

飲み会は数多くあるけれど、やはり何かを差し置いてでも会いたい仲間がいる街ってのはそれだけ生きた心地がいい。

やることやってから遊びたい

「どうした?疲れてんの?」ってじゅんこに言われたけど、最近はタスクを溜め込みすぎていて、ちょっと自分の身の周りがうまく回っていない。

大好きな仲間たちと遊ぶ時間はとてつもなく楽しいけれど、やはり笑って飯を食うためには毎日やることやっていないと、その環境は長くは続かない。

「行動が伴わない想像力は意味を持たない」って誰かの言葉にあるけれど「あーしたい、こーしたい」があるならば、自分が動かなかったらその実現はありえない。

まだまだやることあるのに、昨日は遊びに行ったけど、それはそれで会いたい仲間達との予定だから足を運ぶ。自分を甘やかしているようだけど、本当にそう思う。

刺激をもらった翌日の動き

今あるタスクは正直どれだけ頑張っても一日では終わらせることは難しい。

だけど、始めてみなくては何も終わりはしない。

仕事は山積みだけれども、やりたいことのためには結局目の前のことやるしか道はないし、好きなことだけやっていればいいのではない。

好きなことだけして生きていくなんて、言うのは簡単だけど、とてもじゃないけど好きなことしている中にもめんどくさいことや、気が乗らないことはいくつもある。

それでも、昨日あれだけ時間を割いて話ができた仲間達と話をした後は、そんな目の前の「めんどくさいこと」から逃げる気持ちを抱かせない不思議なパワーがある。

自分もまだまだやるべきことがある

正直ジャンルも違うし競争もしていない仲間達だから、勝った負けたなんてありえないのかもしれない。

だけど、負けたくないって思える存在だし、もっと自分はやれるって気持ちにさせてくれた昨日。

「俺、こんなにやってるから!」なんて言わなくても「あいつ、こんなにも頑張ってるんだ」って感じることができる仲間の存在は、また一歩自分を動かしてくれる原動力になる。

笑って飯が食えて、刺激を与えてくれる大切な仲間達。

いつまでもこんな関係があるように、今日も一日動き続けた。

ありがとう。明日もいい日にしよう。

このサイトのデザインが気になったら

当ブログで利用しているテンプレートはOPENCAGE(オープンケージ)
で購入ができます。

ブログを書いている人の中でも人気のテンプレートが勢揃いのOPENCAGE(オープンケージ)
をチェックしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です